災害情報

現在、災害についての情報はありません。 

災害レベルについて

令和3年5月、避難情報に関するガイドラインが改訂されました。  
それに伴い、避難レベル・避難情報等も変更されています。  
避難指示で必ず避難。避難勧告は廃止です。

※出典:内閣府ホームページ  https://www.bousai.go.jp/oukyu/hinanjouhou/r3_hinanjouhou_guideline/

知っておきたい災害時の備え(動画)  

台風・大雨・地震等の災害が発生した時、自分や家族を守るために何をすべきかを紹介する動画を、やさしい日本語のナレーションと多言語(英語・中国語・韓国語・ベトナム語)の翻訳字幕付きで作りました。ぜひ、ご覧ください。

[多言語生活情報動画]“知っておきたい災害時の備え” 

避難所リスト(令和4年4月現在)  

各区の避難所(ひなんじょ:にげるところ)一覧です。
あなたの家の近くの避難所を、適応災害種別(災害別)ごとに確認しておきましょう。  
対応言語:英語 中国語 韓国語  
門司区(PDF) ・小倉北区(PDF) ・小倉南区(PDF) ・若松区(PDF)
戸畑区(PDF) ・八幡東区(PDF) ・八幡西区(PDF)  

多言語防災ツール

避難所指さし会話帳(2018年10月発行)

大規模災害により、日本語によるコミュニケーションが難しい方が避難所で生活することになった場合、コミュニケーションツールとして使える指さし会話帳です。イラストや言葉を指さしながら、必要なことをわかり易く伝えるために役立てて下さい。

協力:鈴鹿国際交流協会

もらえる場所 
・北九州国際交流協会 

外国人市民のための防災ハンドブック

日本では、地震、台風、大雨などたくさんの災害がおきます。災害がおきた時、自分たちで命を守れるよう、このハンドブックを読んで、備えておきましょう!やさしい日本語、英語、中国語、韓国語、ベトナム語で読むことができます。  

もらえる場所  
・北九州市企画調整局国際政策課  
・北九州国際交流協会  
・各区役所  

北九州市災害多言語支援センター

北九州市災害多言語支援センターとは地震や風水害による大規模災害発生時において、北九州市と北九州国際交流協会が協働で外国人を支援するセンターです。

活動内容 

  • 災害時に必要な情報の翻訳・発信  
  • 外国人からの相談や問い合わせ対応(災害に関するもの)  
  • 避難所等への通訳者の派遣 など  

センター概要 

北九州市と(公財)北九州国際交流協会が締結している「大規模災害発生時における外国人の支援に関する協定」(平成30年6月20日締結)に基づき実施します。  

運営主体:北九州市、公益財団法人北九州国際交流協会
設置場所:公益財団法人北九州国際交流協会 事務所内(北九州市八幡西区黒崎三丁目15番3号 コムシティ3F)  

お問い合せ先

公益財団法人北九州国際交流協会 
北九州市八幡西区黒崎3-15-3 コムシティ3F
利用時間9:00~17:30
閉館日:日曜日、祝日、年末年始(12/29~1/3)
TEL:093-643-5931
FAX:093-643-6466