北九州国際交流協会は、北九州市及び周辺地域において国際交流を推進することにより、相互理解と友好親善を深め、国際平和に貢献することを目的に設立されて以来、30年以上の長きにわたり、外国人市民の支援、市民による国際交流の推進・支援に取り組んでまいりました。 

平成31年4月には、外国人市民の生活上の情報提供や相談に、多言語で一元的に対応する「北九州市多文化共生ワンストップインフォメーションセンター」を開設し、多様化・複雑化する相談にも対応しています。 

さて、今般のコロナ災禍は、国内外の社会経済に大きな影響をもたらしましたが、政府は感染症収束後のポストコロナ時代を見据えた「新たな日常」の構築を通じて、質の高い持続的な成長を目指す方針を示しています。 

当協会もその一翼を担い、行政や市民団体など関係機関との連携を図りながら、一丸となって「多文化共生の地域づくり」を推進してまいりますので、皆様方の変わらぬご支援とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。 

令和4年4月1日 
公益財団法人北九州国際交流協会
理事長 髙城 壽雄