日本語
(にほんご)
スピーチコンテスト

 これまで、北九州(きたきゅうしゅう)国際(こくさい)交流(こうりゅう)協会(きょうかい)では「留学生(りゅうがくせい)日本語(にほんご)弁論(べんろん)大会(たいかい)」と、「日本語(にほんご)おしゃべり発表会(はっぴょうかい)」を開催(かいさい)していました。

令和(れいわ)4年度(ねんど)から、「留学生(りゅうがくせい)日本語(にほんご)弁論(べんろん)大会(たいかい)」と「日本語(にほんご)おしゃべり発表会(はっぴょうかい)」を()わせて「日本語(にほんご)スピーチコンテスト」になります。

北九州市(きたきゅうしゅうし)やその(ちか)くに()んでいる(りゅう)学生(がくせい)日本語(にほんご)教室(きょうしつ)勉強(べんきょう)している(ひと)北九州市(きたきゅうしゅうし)やその(ちか)くで(はたら)いている(ひと)発表(はっぴょう)できます。

※スピーチコンテストの()や、時間(じかん)()まったら、このページでご案内(あんない)します。

令和(れいわ)年度(ねんど)までの「留学生(りゅうがくせい)弁論(べんろん)大会(たいかい)

(くに)(はな)れて日本(にほん)生活(せいかつ)する留学生(りゅうがくせい)が、日本(にほん)でのいろいろな経験(けいけん)から(かん)じたこと、(かんが)えていることを日本語(にほんご)発表(はっぴょう)する大会(たいかい)です。留学生(りゅうがくせい)日本語(にほんご)学習(がくしゅう)意欲(いよく)(たか)めること、また北九州(きたきゅうしゅう)市民(しみん)(りゅう)学生(がくせい)のことを理解(りかい)するために、平成(へいせい)(ねん)から1(ねん)に1(かい)、12(がつ)ごろ開催(かいさい)していました。

発表(はっぴょう)できる(ひと)は、北九州(きたきゅうしゅう)市内(しない)大学(だいがく)日本語(にほんご)学校(がっこう)などで勉強(べんきょう)している留学生(りゅうがくせい)です。

留学生(りゅうがくせい)弁論(べんろん)大会(たいかい)は、北九州(きたきゅうしゅう)小倉(こくら)ライオンズクラブ、(公社(こうしゃ)八幡(やはた)法人会(ほうじんかい)北九州(きたきゅうしゅう)中国(ちゅうごく)友愛(ゆうあい)(かい)協賛(きょうさん)実施(じっし)してきました。

 

大会(たいかい)(しょう)

  • 最優秀(さいゆうしゅう)(しょう)  賞状(しょうじょう)(たて)賞金(しょうきん)5万円(まんえん)
  • 北九州(きたきゅうしゅう)小倉(こくら)ライオンズクラブ(しょう)  賞状(しょうじょう)賞金(しょうきん)万円(まんえん)
  • 公益(こうえき)社団(しゃだん)法人(ほうじん)八幡(やはた)法人会(ほうじんかい)(しょう)  賞状(しょうじょう)賞金(しょうきん)万円(まんえん)
  • 友愛(ゆうあい)特別(とくべつ)(しょう)  (たて)賞金(しょうきん)万円(まんえん)
  • 審査員(しんさいん)(しょう)   賞状(しょうじょう)賞金(しょうきん)万円(まんえん)

これまでの受賞者(じゅしょうしゃ)

(かい)(ねん)最優秀(さいゆうしゅう)(しょう)テーマ
(だい)29(かい)(2021)王 若竹(ワン ワカタケ)
九州(きゅうしゅう)工業(こうぎょう)大学(だいがく)中国(ちゅうごく)) 
二回目(にかいめ) 日本(にほん)での生活(せいかつ)
(だい)28(かい)(2020)ガラン サンカルパ
九州(きゅうしゅう)国際(こくさい)大学(だいがく)・ネパール)
日本(にほん)とネパールの文化(ぶんか)()から(まな)んだ大切(たいせつ)なこと
(だい)27(かい)(2019)張 子瑶(チョウ シヨウ)
早稲田(わせだ)大学(だいがく)大学院(だいがくいん)中国(ちゅうごく)
中国(ちゅうごく)のテーブルマナーについて
(だい)26(かい)(2018)厳 水易(ゲン スイイ)
九州(きゅうしゅう)共立(きょうりつ)大学(だいがく)中国(ちゅうごく)
やっぱり日本(にほん)は…
(だい)25(かい)(2017)ラマ サロズ(LAMA SAROJ)
大原(おおはら)(すばる)自動車(じどうしゃ)・スポーツ専門(せんもん)学校(がっこう) 日本語(にほんご)学科(がっか)・ネパール)
日本(にほん)()(まな)んだこと

令和(れいわ)年度(ねんど)は、コロナウイルス感染(かんせん)拡大(かくだい)(ふせ)ぐため観客(かんきゃく)募集(ぼしゅう)はせず、大会(たいかい)様子(ようす)YouTubeでライブ配信(はいしん)しました。

(だい)29(かい)留学生(りゅうがくせい)日本語(にほんご)弁論(べんろん)大会(たいかい)様子(ようす)

令和(れいわ)3年度(ねんど)までの「日本語(にほんご)おしゃべり発表会(はっぴょうかい)

日本語おしゃべり発表会は、年齢・職業を問わず、北九州市内および近郊に住む外国人を参加対象とし、日本語で意見を発表する場を提供するものです。多様な分野・視点から個々の日本語レベルで発表し、他の発表者の意見を聴くことで、日本語学習のモチベーション維持や向上に繋がればという思いで開催して

日本語(にほんご)おしゃべり発表会(はっぴょうかい)は、年齢(ねんれい)仕事(しごと)関係(かんけい)なく、北九州(きたきゅうしゅう)市内(しない)やその(ちか)くに()外国人(がいこくじん)日本語(にほんご)意見(いけん)発表(はっぴょう)する発表会(はっぴょうかい)で、1(ねん)に1(かい)、2(がつ)ごろに(おこな)われていました。

いろいろな分野(ぶんや)視点(してん)からそれぞれの日本語(にほんご)レベルで発表(はっぴょう)し、(ほか)発表(はっぴょう)(しゃ)意見(いけん)()くことで、日本語(にほんご)学習(がくしゅう)のモチベーション維持(いじ)向上(こうじょう)につながってほしいという気持(きも)ちで(かい)(さい)してきました。 また発表(はっぴょう)(しゃ)だけでなく、北九州(きたきゅうしゅう)市民(しみん)にとっても、外国人(がいこくじん)(なま)(こえ)()くことで(かれ)らが普段(ふだん)(かんが)えていることを()り、多文化(たぶんか)共生(きょうせい)(かんが)える()でもありました。

(だい)12(かい)日本語(にほんご)おしゃべり発表(はっぴょう)(かい)令和(れいわ)年度(ねんど))」

開催日(かいさいび)2022(ねん)2(がつ)13(にち)(にち)
() (しょ)COMCITY ()どもの(やかた) ()どもホール
発表(はっぴょう)(しゃ)20(めい)(インドネシア、タイ、台湾(たいわん)中国(ちゅうごく)、ナイジェリア、フィリピン、ベトナム、メキシコ)
最優秀(さいゆうしゅう)(しょう)受賞者(じゅしょうしゃ)(ちぇん) 雋中(ちゅんちゅん)さん(台湾(たいわん)学研(がっけん)ボランティアの(かい)
テーマ:「日本(にほん)()(おどろ)いたこと」
集合(しゅうごう)写真(しゃしん)

2021(ねん)~2019(ねん)受賞者(じゅしょうしゃ)

(かい)
(実施年)
発表(はっぴょう)者数(しゃすう)
(名)
最優秀(さいゆうしゅう)(しょう)受賞者(じゅしょうしゃ)テーマ
(だい)11(かい)(2021)16ホコ シモン
(フランス・学研(がっけん)ボランティアの(かい))
(しあわ)せの(はなし)
(だい)10(かい)(2020)26ヴォン ティ トゥ
(ベトナム・マレリ九州(きゅうしゅう)株式(かぶしき)会社(がいしゃ))
(わたし)(こころ)日本(にほん)
(だい)9(かい)(2019)21ヒフサン マンガラ パンガペアン
(インドネシア・しもそね日本語(にほんご)教室(きょうしつ))
剣道(けんどう)体験(たいけん)

(だい)11(かい)(2021(ねん)開催(かいさい))は、新型(しんがた)コロナウイルス感染症(かんせんしょう)拡大(かくだい)影響(えいきょう)により録画(ろくが)による審査(しんさ)(おこな)い、DVDを作成(さくせい)しました。