緊急事態宣言の解除後の福岡県の対応

2020年6月 1日 Posted in お知らせ

5月29 日
福岡県


今月14日の「緊急事態宣言」解除以降、本県の感染状況は、落ち着きを見せておりまし
た。このため、感染の再拡大防止と医療提供体制の確保に取り組みつつ、社会経済活動のレ
ベルを徐々に引き上げていく時期にきつつあると考えていました。
 しかし、4月30日から感染者数0を続けていた北九州市では、5月23日以降、感染者
が増加しており、特に本日は26名の感染が判明し、この1週間で69名となりました。そ
のうち、27人が経路不明であり、専門家によると、市中にまん延している可能性も否定で
きないとされております。
 県では、感染の再拡大に備え、ここに掲げている「福岡コロナ警報」を設定し、この4つ
の指標をもとに総合的に判断し、医療がひっ迫する恐れがある場合には、医療機関に対し、
病床の準備等受入れ体制の整備を要請するとともに、県民、事業者がとるべき措置に ついて
検討を開始することとしています。
 この「福岡コロナ警報」に照らして見てみると、現状は以下の通りです。

3.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・感染者数(3日移動平均)は、3日連続8人を超えていない
・感染経路不明者の割合は、3日連続50%を超えていない
・一方、病床稼働率、重症病床稼働率は、ともに直近1週間は 1 割以下

 このように、現段階では、県全体で、医療提供体制の確保の準備に入るレベルには至って
おらず、十分余力がある状態にあります。
 しかしながら、今後の状況如何によっては、厳しい状況になることも予想されます。この
ため 、これまでの努力が水泡に帰すことがないよう、この北九州市の感染の拡大が全県下に
広がり、第2波となることを断固食い止める必要があります。
 そこで、北九州市での感染状況についての詳細な分析を行い、社会経済レベルを徐々に引
き上げながら、現在行っている措置を見直し、以下の措置をとることを決定しました。

 

(1)外出の自粛について
 ① 北九州市以外にお住いの皆さま
 不要不急の外出自粛要請は解除する。
 都道府県をまたぐ移動は可能になるが、6月18日までの間は、北海道、埼玉県、千葉県、
東京都及び神奈川県への移動は 慎重に対応すること。また当分の間、県内の他の地域への移
動は、その地域の感染状況を踏まえ、慎重に対応すること。
 なお、外出の際には、感染防止策を徹底するとともに、感染防止策が不十分な場所への外
出は避けること。
②北九州市にお住いの皆さま
当分の間、県内外を問わず不要不急の外出を控えること
(2)催物(イベント等)の開催について
 ①北九州市以外の地域
 以下を目安に開催すること。なお、開催にあたっては、徹底的な感染防止策を講ずるこ
と。リスクへの対応が整わない場合は、主催者は中止または延期などの対応を行うこと。

40.png

 ②北九州市内
  6月18日まで開催を自粛すること
(3)施設の休業等について
 ①北九州市以外の地域
 これまでの休業要請は解除する。
 開業するときには、すべての施設において、「四方を空けた席配置」、「客の入れ替え時
の適切な消毒や清掃」など、施設類型ごとの徹底した感染防止策を確実に講ずること。
 特に、国内においてクラスターが発生した施設については、厳重な感染防止策を講ずる
こと。
 今後、クラスターが発生した場合には、当該施設類型に属する施設について、再度の休
業要請等を検討する。
②北九州市内
 これまで国内においてクラスターが発生し、特に感染リスクの高い接待を伴う飲食店
とライブハウスについては、6月18日まで休業について協力を要請 する。(北九州市で
の感染状況についての詳細な分析を行い、その結果が明らかになった場合、期日を早める
場合もある)
※接待を伴う飲食店は、キャバレー、ナイトクラブ、スナック、バー、パブ等の名称にかか
わらず、客の接待を伴うものが休業要請の対象。
※北九州地区の県立学校については、6 月 1 日から当面1週間、分散登校を実施する。市町
村立学校及び私立学校については、県立学校を参考に、設置者が判断。
(4)職場への出勤等について
 在宅勤務(テレワーク)、時差出勤、自転車通勤など、人との接触を低減すること
(5)新しい生活様式の実践
 引き続き、感染防止の3つの基本である「身体的距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗い」
など、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の実践を図ること
(6)医療機関等への相談について

1~3のいずれかに該当する場合には、「帰国者・接触者相談センター」へ相談すること

① 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
② 重症化しやすい方や妊婦の方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
③上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
発熱や咳など風邪の症状があり、かかりつけ医を受診する際には、直接受診せず、必ず、事
前に電話で相談すること前に電話で相談すること
 
 これから先、ワクチンや治療薬が開発され、また集団免疫が獲得されるまで、新型コロナ
ウイルスと向き合っていくこととなります。この戦いに打ち勝つか否かは、県民一人一人の
意識と行動にかかっており、改めて、地域の力と結束が問われます。
 誰もが感染するリスク、感染させるリスクがあります。
 自分自身、家族、周囲の人、地域と社会を守るため、気を緩めることなく、感染拡大を予
防する「新しい生活様式」の実 践と、徹底した感染防止対策の実施に取り組んでいただきた
いと思います。
 また、北九州市内での感染拡大に伴い、不安や偏見により、感染者やその家族、治療に当
たる医療従事者等への誹謗中傷やいじめ、差別的な対応といった人権侵害が再び懸念され
ます。
偏見や差別的な言動は絶対に許されるものではありません。県民の皆様には、こうした行
動に決して同調せず、確かな情報に基づいて冷静な行動をお願いします。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム もしくは下記までご連絡ください。また、E-mail: kia@kitaq-koryu.jpでも受け付けています。

尚、アクセスについてはこちらにて、ご確認ください。

公益財団法人北九州国際交流協会

北九州市八幡西区黒崎3-15-3 コムシティ3F
利用時間:9:00~17:30
閉館日:日曜日、祝日、年末年始(12/29~1/3)
TEL : 093-643-5931
FAX : 093-643-6466